医療関係

医療関係

法事などに参加すると、良く目にするようになったのが椅子です。
それほどまでに膝の悪い人が多くいるということでもあり、私見ながら多くが高齢の女性にみられるようでもあります。

 

最近では、軟骨再生のコンドロイチンなどのサプリメントをよく見ますが、その効果のほどはなんともいえません。
そんな中、京都大学iPS細胞研究所が、人の皮膚細胞から軟骨細胞を取り出すことに成功したとの発表がありました。

 

実験では従来のiPS細胞から軟骨細胞を作る方法より、半分の時間で高品質な軟骨脂肪を作り出すことができたといいます。
マウス実験では42箇所中14箇所で軟骨組織の確認ができたといい、3ヶ月の経過では腫瘍化もみられなかったといいます。

 

ただ、今回の実験には、腫瘍ができる可能性もある遺伝子を使っているとのことで、応用にはもうすこし時間がかかるようでもあります。

 

この治療が成功すれば、多くの関節痛、腰痛に悩まされている人には朗報となるでしょう。
又、iPS細胞への期待はこれからも募るばかりです。

続きを読む≫ 2014/06/30 15:09:30

医療関係の仕事には、医者や看護師に薬剤師など多くの職種があります。どれも専門的な知識や技術を必要とし、学校を卒業して資格取らなければなることはできません。40近い年齢になってから、初めて医療関係の仕事に尽きたいと思っていても壁が高く挑戦しにくいものです。

 

ある程度高齢になってからでも可能な仕事に介護があります。病状に苦しんでいる人のお手伝いをするという点において医療に近い仕事です。介護福祉士やホームヘルパーなどの職種がありますが、資格よりも現場作業がすべてというイメージがあります。

 

日本では、医療技術等の進歩により、ますます高齢化社会が進むものと思われます。その為、身体の不自由な高齢者の手助けになる介護の仕事の需要はさらに増えていくことでしょう。

 

介護の仕事はきつく給料が安いといわれています。辞める人が多いのも納得できます。しかし、これからの時代、介護は最も大切な仕事になります。現状のすべての問題点を洗い出し、早急に対策を講じる必要があるのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2014/04/13 09:10:13

私の友人は病院で看護師の仕事をしていますが最近辞めたいと私に相談に来ています。

 

理由としてはやはり昼近の業務がきついのとまた夜勤も不定期にあることで体調のバランスが崩れやすいということでした。彼女は病棟勤務で3年目の看護師ですが至って真面目です。

 

彼女が言うには大変だから病院ではなくクリニックで日勤にだけ働くというスタイルがいいということでした。私の回答としては別にそれでいいのではないかと彼女に告げました。

 

私も彼女の手助けをしたいので色々クリニックの求人案内をネットで探しました。スをするとクリニックでの業務は美容外科ですとか、脱毛サロンのようなところで看護師として働くこともできるという内容でした。

 

夜勤の勤務がないので彼女にとってはとても合っているのではないかと思っています。看護師だからといって必ずしも病院で働く必要もないのではないかと助言しました。

 

私の助言が効いたのかわかりませんが彼女はすごく楽になった感じで、今となっては元気に病棟勤務で頑張るようになりました。毎月止めても問題ないと言う安心感からそう言う気持ちになったのかもしれません。

 

結果として良い方向に向かったので私としても安心しました。

続きを読む≫ 2013/10/02 09:25:02
ホーム RSS購読 サイトマップ