京大iPS細胞研究所、人の皮膚細胞から軟骨

京大iPS細胞研究所、人の皮膚細胞から軟骨

京大iPS細胞研究所、人の皮膚細胞から軟骨

法事などに参加すると、良く目にするようになったのが椅子です。
それほどまでに膝の悪い人が多くいるということでもあり、私見ながら多くが高齢の女性にみられるようでもあります。

 

最近では、軟骨再生のコンドロイチンなどのサプリメントをよく見ますが、その効果のほどはなんともいえません。
そんな中、京都大学iPS細胞研究所が、人の皮膚細胞から軟骨細胞を取り出すことに成功したとの発表がありました。

 

実験では従来のiPS細胞から軟骨細胞を作る方法より、半分の時間で高品質な軟骨脂肪を作り出すことができたといいます。
マウス実験では42箇所中14箇所で軟骨組織の確認ができたといい、3ヶ月の経過では腫瘍化もみられなかったといいます。

 

ただ、今回の実験には、腫瘍ができる可能性もある遺伝子を使っているとのことで、応用にはもうすこし時間がかかるようでもあります。

 

この治療が成功すれば、多くの関節痛、腰痛に悩まされている人には朗報となるでしょう。
又、iPS細胞への期待はこれからも募るばかりです。

京大iPS細胞研究所、人の皮膚細胞から軟骨関連ページ

看護師病棟勤務の相談
看護師病棟勤務の相談がきて話し相手になってあげました。気持ちがスッキリしたせいか結果的に元気になれたのでよかったです
介護の仕事の重要性
介護の仕事の重要性について考察しています。介護の仕事はかなり重労働ですが、仕事としてとてもやりがいのある仕事だと思います。今回はそんな介護の現場で思ったことや仕事内容を記載したいと思います。
ホーム RSS購読 サイトマップ